KIKUCHI&PARTNERS
KIKUCHI&PARTNERS

代表挨拶

当事務所は,
新しい理念に基づく
法的サービスを
提供していきたい
との考えのもと,
1980年4月に設立され,
今日に至っています。

  • 弁護士業務の根本は,弁護士の依頼者に対する法的サービスの提供である。
    この考え方に基づき,当事務所では,サービスの提供者である弁護士からサービスの受け手である依頼者に対する説明・報告を徹底してきました。

  • 弁護士の社会全体における役割は,「法の支配の実現に寄与すること」であり,「紛争解決」の機能は,その一部にすぎない。
    この考え方に基づき,当事務所では,設立当初から,「紛争とはいえない社会現象」の中にも法的サービスの必要性を見いだし,企業レベルにおける倒産処理・企業再建,株主総会・取締役会の運営,個人レベルにおける相続・遺言,刑事事件・少年事件における本人の更生等,様々な非紛争場面においても,法的サービスを提供してきました。

  • 紛争解決の主体は,依頼者である。
    この考え方に基づき,当事務所では,依頼者の意思を最大限に尊重し,これを実現する方法として,交渉・私的整理などの裁判所に頼らない迅速かつ自主的な紛争解決方法を優先してきました。この姿勢は,紛争解決の場が裁判所に移ったとしても,変わることはありません。民事裁判には,様々な終了形態がありますが,その決定権は,当事者である依頼者本人に委ねられています。当事務所では,紛争解決の決定権者である依頼者が,最も適切な判断を下すことができるよう配慮し,様々な角度から法的サービスを提供してきました。

この3つの理念は,いずれも深く関連し合っているばかりか,実は,1つの根本理念から発しています。その根本理念とは,個人の尊重とその幸福追求に対する最大の尊重(憲法13条)です。
当事務所は,究極的には,依頼者の幸福追求に寄与すること,比喩的にいえば,「当事務所を訪れた依頼者が,訪問前に比べて明るい笑顔をもって帰られること」を法的サービスの根本と考えています。この根本理念に基づき,菊地総合法律事務所は,今後も,依頼者の皆様に対して最適な法的サービスを提供し続けてまいります。

事務所概要

名   称
菊地総合法律事務所
所 在 地
〒100-6033
東京都千代田区霞が関三丁目2番5号 霞が関ビルディング33階
連 絡 先
TEL
03-3504-9411(代表)
FAX
03-3504-9421
E-mail
webinfo@160kslo.jp

※電話,FAX,メールによる法律相談は受け付けておりません。

所属弁護士
菊地 一郎[27期]
ファウンダー兼
代表パートナー
菊地 裕子[56期]
代表パートナー
橋本 昇二[30期]
パートナー
范 揚恭[44期]
パートナー
齋藤 健一郎[56期]
パートナー
イグナシオ・ハビエル・
ブランコ・クエスタ
外部顧問
沿   革
1980年4月
代表弁護士が当事務所(当時の事務所名は「菊地法律事務所」)を設立。
1993年10月
事務所名を「菊地総合法律事務所」に改称。
2014年11月
所在地をNBF日比谷ビル(現在の日比谷U-1ビル)3階に移転。
2018年12月
所在地を霞が関ビルディング33階に移転。

受付時間

祝祭日を除く月曜日から金曜日までの午前9時30分から午後6時00分まで

採用情報

  • 弁護士採用

    現在,下記のとおり募集しております。

    1
    当事務所では,弁護士歴40年以上を有する代表弁護士を筆頭に,裁判官経験,検察官経験,ニューヨーク州弁護士資格を有する 弁護士など幅広いバックグラウンドを持つ弁護士及びそれを支える経験豊富な事務局が一体となり,様々な依頼者に対し,事案に即した様々な法務サービスを提供しています。
    2
    個々の事件処理に際しては,担当弁護士のみではなく,他の弁護士はもちろん,事務所全体で一体となって業務処理にあたることを心がけるとともに,依頼者に対する丁寧な説明や報告,適切な助言提供等を通じ,依頼者の納得のいく主体的解決を重視しています。
    3
    様々な依頼者,多種多様な案件と解決方法に対応するためには,豊かな想像力,柔軟な思考力,旺盛な知的好奇心,人間性に対する鋭い洞察力,バランスのとれた正義感,コミュニケーション能力等が求められます。素直な気持ちでこれらを会得し,他のメンバーとともに事務所に貢献していきたいと考える方を求めています。
  • 秘書採用

    現在は,募集しておりません。

  • アルバイト採用

    現在は,募集しておりません。